行けば納得の風俗店

いつも風俗はありがたい気持ちになる

風俗は感動とか快感とかいろいろな気持ちがあると思うんですけど、個人的にはありがたい気持ちもありますね。風俗嬢が自分のためにいろいろなことをしてくれるじゃないですか。お仕事だから当たり前と言われればそれまでですけど、でも他に自分のためにここまで頑張ってくれるような子はいないんです。それだけでも如何に風俗が素晴らしいのかが分かるじゃないですか。そこが大きなメリットなんですよね。そして、ありがたいなって思える部分でもあるんです。女の子だって可愛いですしね(笑)そこが一番かもしれません。最近の風俗嬢、美人だなって思ったり可愛いなって思う子が本当に増えているような気がするんですよね。それだけでも嬉しいものですし、そんな子が自分のために頑張ってくれているんです。快感そのものよりも、もはやそのシチュエーションだけでも男として満たされると言っても決して過言ではないんです。だからこそ、風俗は本当にありがたいなって。

なぜか風俗だけは気取らないんですよね

会社では肩ひじ張って「出来る男」を演出して頑張っていますけど、それは本当の自分ではありません。むしろ本当の自分はドジだし、あまり深く物事を考えないタイプなんです。そんな自分では会社では通用しないってことくらいはよく分かっているので、それで風俗では素の自分で楽しむようにしているんですよね。それがやっぱり風俗の中で自分自身のテーマであり、楽しさの一つでもあるんです。だからむしろ風俗での自分こそ、素の自分なのかなって思っているんですよ。だからこそ、風俗って本当に自分の中では本当に重要なものかなって思っています。もしも風俗が無かったら、きっと自分の中ではいつも肩ひじ張って格好つけている自分だけでしかなかったんじゃないかなって思うので、風俗の存在は本当にありがたいものかなって思っているんですよ。あそこだけはなぜか素の自分でいられるんですよね。むしろ風俗があるから、仕事を頑張れるのかもしれません(笑)